国産ラベンダーの香りと、古の和歌

先日、Le boutonさんに届けて頂いたラベンダーの1束☺

Le boutonさんの素敵な作品で知った
このラベンダーは、北海道の富良野で年配の生産者さんがお1人で育てているものだそうです。

こちらの写真で、既製品と比べると歴然とするその違い…

(写真右側の我が家の既製品が、すでにボロボロすぎますが(^_^;))

花ぶりも、くっきりとした色の鮮やかさも、立ち上がる香りの豊かさも
惚れ惚れするほど見事。

このラベンダーの花、ひとつひとつの粒に含まれた精油をあつめたら、どんな香りがするんだろう!

未踏の地、富良野ですが
富良野に行ったことのある人は
その記憶がよみがえる香りになるんでしょうか。

古人、紀貫之の和歌には

人はいさ 心もしらず 
ふるさとは 花ぞ 
昔の香に におひける

(人の心は変わりやすく、
あなたのお気持ちはわからないけれど
昔馴染みのこの里の、梅の花だけは昔のままの香りですよ)

と、人の心と、変わらぬ花の香りを対比した歌があります。

遠く北海道のラベンダーや、
京都の北部の杉の香り…
いろんな土地の香りが
うつろう日常に届く現代。

たぐりよせる香りは、
心のひだに届いて「いま」
「ここ」にいる自分の心情をも
やはり自覚させます。

いにしえの人が歌った、香りと人の心理。
時代がかわっても、通じるものがあり心に響きます。

(投稿:BarcaFiore・小林)

#アロマ#ハーブ#香り#香りのある暮らし#調香#iapa#アロマ調香スタイリスト#aromablendstylist#aroma#art#science#chemistry#earth#herbs#和歌#日本#紀貫之

関連記事

  1. 読書の秋。テーマもカタチも自由な「ZINE」がそろう、Sto…

  2. 自分史上最高の肌に

  3. まいにちの生活をかえる、アロマガイド(2)おやすみ時の香り

  4. 映画とAroma:「Perfume」ある人殺しの物語

  5. まいにちの生活をかえる、アロマガイド(1)異国を感じるアロマ…

  6. 冬至をあたたかくすごす、柚子の知恵

イベントカレンダー

<< 2019 8月 >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
  1. 2019.08.07

    アロマイベント🎪情報

  2. 2019.07.30

    棗専門店「なつめいろ」

  3. 2019.07.27

    ヤノスポーツさんにて、

  4. 2019.07.26

    大和当帰の原料化へ

  5. 2019.07.20

    @cafe.clotho さんにて(^^♪

アーカイブ

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930