中秋の名月と十六夜

実りあたえあう秋。

夜も格段に涼しくなり、過ごしやすくなりました。

きょうは旧暦8月15日にあたり、中秋の名月です。
ことしは月が満ちるのが1日ずれており、
明日の25日、十六夜(いざよい)も満月のお月見を楽しむことができます。

地球に一番近い天体である月。
月を見上げると、心が静かになり落ち着いたり、ときには感傷的になったり。
不思議な作用があるように思います。

月の満ち欠けはおよそ28周期。
そして、その引力は潮の満ち引きを作り出し、地球と地球上に住む生物のバイオリズムに影響しているといわれています。

子宮が約28日周期のバイオリズムをもつ、わたしたち女性の体も
月の影響を受けているといわれていますね。

わたしもアロマを生活に取り入れ、五感の感覚にできるだけ正直に暮らすようになってから
自然と生理周期が整い、なぜか月の満ち欠けの周期とほぼ一致するようになりました。
(ものすごく個人的なことをWEBに書いちゃってますね(;’∀’))
だから、月の満ち欠けのカレンダーをみると体調の変化がわかって便利です♪

・満月カレンダー2018年9月
・今日の月は、あなたにどんな影響を与える?MoonCycleJournal(ムーンサイクルジャーナル)

満月はエネルギーが満ちる時。

たまには月を眺めながら、自分の体と心の声に敏感に耳を傾けてみてはいかがですか?
自然を意識すると、感性のアンテナも研ぎ澄まされます。

なぜなら、わたしたちの体も自然の一部だから。

中秋の名月、ぜひ夜空を眺めてみてくださいね。

バルカフィオーレ

アロマ調香スタイリスト、こばやし
アロマ調香スタイリスト、こばやし
鳥取生まれ、学生時代を沖縄ですごす。大手アロマ会社勤務を経て独立。その人が心地よく身につけることが出来る、アロマをもちいた香りのコーディネートを目的にプロダクト開発を手がける。2ひきの猫と神戸に暮らす。
株式会社Barca Fiore代表。
IAPA認定アロマ調香スタイリスト
日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級アロマテラピーアドバイザー
オーガニックライフケア協会認定オーガニックライフケアアドバイザー

関連記事

  1. 国産ラベンダーの香りと、古の和歌

  2. いまさら聞けない、保湿について大切な3つのこと

  3. franklins工房見学(兵庫県明石)

  4. 夏のスタミナごはんの相棒に、国産発酵茶

  5. CityLife9月号に掲載、ボディジェルで香る秋肌へ

  6. 音楽とアロマと、汗臭い記憶