大人気アロマ、シトラス系精油の活用法(基本の4種類)

オレンジ・スイート精油についての昨日の記事「気分転換を忘れがちなアナタに。」に続き、きょうは人気のシトラス(柑橘)系精油の違いと、その活用法についてお伝えします。

大人気シトラス(柑橘)系精油、基本の4種類とその違い

1:すっぱい酸味で目覚めに、レモン精油

香酸柑橘類ともいわれる、柑橘系フルーツの代表レモンの皮からとれた精油。
「たけしのみんなの家庭の医学」でとりあげられて話題になった、認知症に効くアロマの昼用にブレンドされているのがこのレモン精油。

その特徴は・・・


☑キリっとしたさわやかな香り
☑日中用、活性作用をもつ香り
☑頭をスッキリ、クリアにするのでリフレッシュや快適な目覚めにおすすめ
☑感染から体を守る、白血球を刺激するため感染症の予防にも効果的
☑髪や爪を強くしてくれる
☑紫外線にあたるとシミの原因になるため、日中の肌への使用は避ける


シャキッとさせてくれる香りなので、日中に香りを使うことで
交感神経が心地よく刺激されてリフレッシュ効果抜群です。

2:心地よい甘い香りでこどもに大人気、オレンジ・スイート精油

甘味の強い芳香をもち、世界中から好まれるオレンジ。

そのから果皮からとれた精油です。
主成分のリモネンは、大気中にも存在しており
食用のフルーツとして日本でもおなじみの柑橘類。
老若男女問わず、好きな人が多い香りですね。

その特徴は・・・


☑甘くフレッシュな香り
☑日中・夜間両用、鎮静と活性両面のバランスをとってくれる万能の香り
☑気分を明るく元気にし、緊張やストレスを解消する
☑空気を殺菌し、風邪などの予防をする
☑食欲不振、便秘を改善する
☑肌を刺激する成分があるため、アロマバスなどは少量からの使用がおすすめ


抗菌作用があるため、秋冬の風邪対策にちいさなお子さまの就寝時のルームスプレーやマスクスプレーにもおすすめです。
黄色い精油で、白色の布につけるとシミになりますので使用の際はふきつける箇所にご注意くださいね。

3:男性用香水にも使われているビターな大人シトラス、ベルガモット精油

「A secret makes a woman woman…(女は秘密を着飾って美しくなるものなの…」という口癖で、名探偵コナンに登場する人気キャラクターの名前でもおなじみですが

(出典:prcm.jp)
カクテルに使われるベルガモットは、ドライ/スイートベルモットと呼ばれニガヨモギという香草が使われています。

アロマのベルガモットは、コロンブスがカナリア諸島で発見したと伝えられるベルガモットという柑橘の果皮から搾り取られています。
透明感と少しの苦み、エッジの効いたフレッシュな香りは
フレーバーティーの代表格、アールグレイの香りづけに古くから使用されています。

香料としてもその歴史は古く、

シプレとよばれる系統のオーデコロンや男性用香水に多く用いられてきました。

その特徴は・・・


☑フルーティな透明感のある香り
☑日中・夜間両用、鎮静と活性両面のバランスをとってくれる万能の香り
☑怒りをしずめ、安眠をうながしてくれる
☑気の流れをよくし、たまった感情を解放してくれる
☑気管支炎などの炎症をしずめる
☑ほぼすべての精油と香りの相性がよい◎
☑紫外線にあたるとシミの原因になるため、日中の肌への使用は避ける


バランサーといわれ、ストレスやイライラ感などの高まった気分を鎮静しながら
明るく穏やかなちょうどよい気持ちに心を調整してくれるといわれています。

なんだか気分が落ち込みやすい、など一時的なスランプを感じる時、ベルガモットの精油をシミが気にならない濃い色のハンカチなどにつけて携帯する。
また、夜寝る前に気分が沈みやすい方は、枕のそばにベルガモット精油をティッシュに垂らして香らせるのもおすすめです。

4:嗅ぐだけ簡単ダイエット、さわやかなグレープフルーツ精油

香りは鼻から脳に伝わり、体に影響をあたえることを教えてくれるのがグレープフルーツの香りの効果。
オレンジより甘さの少ない、ジューシーでさわやかな香りは脳に届くと
交感神経を活性化し、脂肪の分解や燃焼を促進するという研究結果が報告されています。

その特徴は・・・


☑苦さを感じさせない、さわやかでジューシーな香り
☑日中用、活性作用をもつ香り
☑気持ちを明るく元気にし、リフレッシュしてくれる
☑脂肪の燃焼をうながし、利尿効果もある
☑食欲をおさえる作用があり食べ過ぎ防止にも役立つ
☑むくみ解消や肌の新陳代謝をうながす
☑紫外線にあたるとシミの原因になるため、日中の肌への使用は避ける


利尿作用や代謝促進作用が、お酒を飲みすぎた翌日にも効果的です。
お風呂やシャワーをつかったバスタイムに、グレープフルーツ精油を小皿に入れて揮発する香りを楽しみながら心と体をすっきりリフレッシュしてはいかがですか?

以上、基本的なシトラス(柑橘)系精油4種類のご紹介でした。

柑橘系の精油のほとんどは、果皮を圧縮して抽出されています。

幼いころ、食べ終わったミカンの皮で遊んだ覚えはありませんか?

この皮をギュッと押さえると指先につく、ちょっとベタっとした液体の正体。
これが精油です。

人気のシトラス(柑橘)系の精油ですが、
気づかないうちに誰もが早い段階でその香りになじんでいる、日本人のファーストアロマに近い存在なのかもしれません。

バルカフィオーレ

アロマ調香スタイリスト、こばやし
アロマ調香スタイリスト、こばやし
鳥取生まれ、学生時代を沖縄ですごす。大手アロマ会社勤務を経て独立。その人が心地よく身につけることが出来る、アロマをもちいた香りのコーディネートを目的にプロダクト開発を手がける。2ひきの猫と神戸に暮らす。
株式会社Barca Fiore代表。
IAPA認定アロマ調香スタイリスト
日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級アロマテラピーアドバイザー
オーガニックライフケア協会認定オーガニックライフケアアドバイザー

関連記事

  1. 休めていますか?

  2. なぜ、アロマや癒しが必要なんでしょう?

  3. 香りの引き出しをあける、お手伝い。

  4. 体臭予防に興味のある方におすすめ、ジュニパー精油

  5. お客さまからのお便り

  6. 脳をリフレッシュ:右脳と左脳のバランスをとる。

  1. 2018.10.23

    明日から出店、神戸さんぽ。アロマのワークショップも開催。…

  2. 2018.10.22

    神戸さんぽ、開催中です。

  3. 2018.10.20

    あの手この手まつり、ご来店ありがとうございました。

  4. 2018.10.12

    明日は鳥取県八頭町の「あの手この手まつり」へ初参加します…

  5. 2018.10.12

    脳をリフレッシュ:右脳と左脳のバランスをとる。

アーカイブ

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031