冬至をあたたかくすごす、柚子の知恵

寒い冬に突入すると、生活のなかでかかわりが増えてくる和ハーブ。

ユズ。

鍋物にはユズのポン酢をいれたり、柚子をちらしたなますや
今週末の冬至の夜にユズ湯と・・・

冬に出番の多い、爽やかな香りの柑橘です。

ユズは、飛鳥時代か奈良時代のころに中国から渡来したといわれ
日本には「柚」という字の入った地名がたくさんあり、あちらこちらで栽培されていたことがわかるのだとか。

柑橘類のなかでも、ひときわ明るい黄色のユズは冬至の日にお風呂へ浮かべて入ると
新年を迎えるための邪気払いをしてくれるといわれています。
(村上志緒編「日本のメディカルハーブ事典」より)

抗菌・消炎作用もあり、ひびやあかぎれなどのお肌トラブルにもよく、血行を促進してくれるユズ。


ユズ湯のピリピリした皮膚刺激が苦手な人は、「水蒸気蒸留法」で採られた『ユズ精油』
で本格的なユズ湯を楽しむのもオススメです。

また、ユズの香りの入浴剤を代用したり、
ユズ本体をお風呂に入れるときは、皮を強く押すのを控えたり、揉まないようにするとピリピリ感が緩和されます。

 


 

古来からある日本の知恵、冬に大活躍のユズ。

絞り汁には、疲労を回復してくれるビタミンCやビタミンE、フラボノイドなどがたっぷり入っています。
お鍋や夕食のおかず、サラダにドレッシング代わりにも。絞り汁を風味付けに使うことが出来ます。

身体をあたため、疲労回復のサポートをしてくれるユズの効能を
暮らしに取り入れてみてはいかがでしょう。

バルカフィオーレ

アロマ調香スタイリスト、こばやし
アロマ調香スタイリスト、こばやし
鳥取生まれ、学生時代を沖縄ですごす。大手アロマ会社勤務を経て独立。その人が心地よく身につけることが出来る、アロマをもちいた香りのコーディネートを目的にプロダクト開発を手がける。2ひきの猫と神戸に暮らす。
株式会社Barca Fiore代表。
IAPA認定アロマ調香スタイリスト
日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級アロマテラピーアドバイザー
オーガニックライフケア協会認定オーガニックライフケアアドバイザー

関連記事

  1. 映画とAroma:「Perfume」ある人殺しの物語

  2. 休めていますか?

  3. 入浴剤いらず!秋のツヤ肌づくり『アロマバス』

  4. あの千利休も使った?脳をクールダウンする方法

  5. 大人気アロマ、シトラス系精油の活用法(基本の4種類)

  6. 夏のおわりに

  1. 2019.01.22

    九州から、六月八日の森の香りが届きました

  2. 2019.01.20

    21日(月)は獅子座の満月

  3. 2019.01.19

    石けんで潤活(^^♪すべすべ素肌

  4. 2019.01.19

    Webページ復旧のお知らせ

  5. 2019.01.16

    Webカート機能など、一部不具合のお知らせ

アーカイブ

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31