映画とAroma(2):「Stand By Me」スタンド・バイ・ミー

画像出典:IMDb

1986年公開のアメリカ映画「Stand By Me(スタンド・バイ・ミー)」。


1950年代末のオレゴン州の小さな町キャッスルロックに住む4人の少年たちが好奇心から、

線路づたいに“死体探し”の旅に出るという、ひと夏の冒険を描いた作品(Wikipedia) 


子どものころから何度も見た、懐かしい映画です。

 

この映画の舞台は、オレゴン州。
4人の少年たちが歩く森に広がるのは、深い常緑樹におおわれた独特の世界

なかでも、世界で最も高い針葉樹のひとつといわれる、ダグラスファー。

100mを超すものもあるといわれるダグラスファーや、がうっそうと葉を広げそびえたつ森は
彼らが生きる現実や、大人との確執を表すかのようにどこか厳しさを感じさせます。

けれど彼らが歩く間、風とともに鼻孔をくすぐるのは
厳しさと同時に前向きさや心に強さを与えるダグラスファーやパイン(松)の、スッと鼻に突き抜ける清々しい木の香りだと想像します。

複雑な家庭環境にいても、あるがままの自分を受け入れてくれる友達の存在。

大人や家族といったどうしようもないものと、日々ゆれうごく自分の心を

同じ視点で励まし勇気づけてくれる。

 

二度とはない友情の尊さを、いつ観ても感じさせてくれる映画です。

ベン・E・キングが歌う映画の主題歌もリバイバルヒットしました。


Stand By Me
そばにいて

When the night has come and the land is dark
夜が訪れて 大地が暗くなるとき
And the moon is the only light we’ll see
月明りしか見えなくなる
No I won’t be afraid, no I won’t be afraid
恐れはしない 恐れはしないさ
Just as long as you stand, stand by me
ただ君がそばに そばにいてくれれば


この映画のように、自分の心を芯からささえる存在が欲しい時は

ぜひ映画に出てきたダグラスファーやパイン(松)、日本ならヒノキなどの

ウッディな精油を香ってみてくださいね。

精油のもつドーンとした重さと清々しさが、きっとあなたの心や思考を前向きに替える

お手伝いをしてくれると思います。

 

 

 

 

バルカフィオーレ

アロマ調香スタイリスト、こばやし
アロマ調香スタイリスト、こばやし
鳥取生まれ、学生時代を沖縄ですごす。大手アロマ会社勤務を経て独立。その人が心地よく身につけることが出来る、アロマをもちいた香りのコーディネートを目的にプロダクト開発を手がける。2ひきの猫と神戸に暮らす。
株式会社Barca Fiore代表。
IAPA認定アロマ調香スタイリスト
日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級アロマテラピーアドバイザー
オーガニックライフケア協会認定オーガニックライフケアアドバイザー

関連記事

  1. まいにちの生活を変える、アロマガイド(4):クリスマスのあま…

  1. 2019.01.22

    九州から、六月八日の森の香りが届きました

  2. 2019.01.20

    21日(月)は獅子座の満月

  3. 2019.01.19

    石けんで潤活(^^♪すべすべ素肌

  4. 2019.01.19

    Webページ復旧のお知らせ

  5. 2019.01.16

    Webカート機能など、一部不具合のお知らせ

アーカイブ

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031